植毛範囲と料金の関係|範囲でこんなに変わるの?

植毛範囲と料金の関係|範囲でこんなに変わるの?

ちょっとした薄毛ですと頑張って対策をすれば何とか回復ができそうな気がするものですし、髪型に工夫をすれば隠すこともできます。しかしながら広範囲の薄毛だったり、完全にハゲの状態ですと改善への期待も持ち難いですし、隠すとかそういったレベルではないですよね。広範囲の薄毛やハゲの場合ですと物理的に毛の量を増やして対策するのが確実ですが、その為にも植毛治療を候補にしてみるのも良いかもしれません。そして治療のやり方としては自毛を植えるのと人工毛を植える方法に分けられますが、状態によって適した治療法が違ってきます。狭い範囲の薄毛の場合なら自毛を植えた方が良いでしょう。自毛を植毛する場合、活動している毛根を採取して移植することになりますので、根本的に毛があることが大前提です。ちょっとした薄毛なら後頭部や側頭部に十分な毛があるはずですので治療することができます。ただ、自毛を移植する場合、あるところからないところに移動させるだけですので、全体的な毛量が増える訳ではないことを理解しておきましょう。毛量によっては中途半端な増毛になってしまうことがありますし、もしかしたら期待するほどの仕上がりにはならないこともあります。しかし十分に毛量に余裕があり、狭い範囲を隠す位なら十分な効果を得られる可能性が高いです。もしハゲの状態ですと根本的に自毛を植毛することはできません。当然植える髪の毛がない訳ですので、その場合は人工毛を利用する以外に手段はないのです。人工毛ならないところから生やすことができる訳ですので、ちょっとした薄毛の場合でも人工毛を植えてしまった方が良いのでは?と思うかもしれませんが、人工毛にはデメリットがありますので、あまり推奨レベルとしては高くありません。特に大きなデメリットなのが抜けてしまうことです。大体半年から1年程度で大部分が抜けてしまいますので、定期的に補完する為にコストが掛かります。ですから余程金銭的に余裕がないと治療を継続することは現実的に難しくなってしまうと言えるでしょう。さらには人工毛の場合は頭皮トラブルを起こすリスクもありますので、頭皮のことを考えたらあまり率先してお勧めできる治療法な訳でもありません。しかし物理的に量を増やすことができる治療法ですので、ハゲの改善の為には適しているとも言えます。もちろん広範囲のハゲを改善することも可能ですので、ハゲてしまっている時には人工毛を検討するのも良いでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛範囲と料金の関係|範囲でこんなに変わるの?関連ページ