植毛経過報告|はじめての植毛を実況!植毛は◯◯だ。

植毛経過報告|はじめての植毛を実況!植毛は◯◯だ。

自毛植毛を行うと、途中経過で髪が抜け落ちるのが普通です。移植を行う際、毛包の損傷が少なければ、90%以上の確率で新しい場所に定着しますが、生着した髪はヘアサイクルの影響で一度抜け落ちます。これは、ヘアサイクルが休止期に入り、新しい髪の毛が成長してくるサインです。移植後も脱落せずに、そのまま成長を続ける髪は、およそ10%くらいしかありません。抜け落ちた髪がもう一度伸びて頭皮に出てくるまでには、だいたい4?5ヶ月かかります。なので、自毛植毛が成功したかどうかがわかるまでには、少なくとも半年はかかる計算になります。自毛植毛の経過は、半年後に施術を受けた病院で確認してもらう必要があります。施術自体の時間は、切るFUT法では、カウンセリングとデザインの確認に10?20分、施術の説明に30分、ドナー採取に30分、ドナーの切り分けに1?2時間、移植に1?2時間、包帯巻きに15分、で合計3時20分?5時間35分ほどかかります。ドナー採取から切り分けの作業は、急がないと定着率に影響が出ます。普通は、株分けの間の時間は患者は別室で休憩となることが多いです。ちなみに、メスの代りに吸引パンチでドナー採取を行うFUE法では株分けの必要がないので、切り分けの時間が必要ありません。手術の説明はすべての病院で行っているわけではありませんが、安全を最優先するならば、説明をしてもらえる病院を選んだほうが良いでしょう。自毛植毛で植えた髪は、後頭部や側頭部といった男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくい場所からドナー採取を行います。移植後もこの性質が引き継がれるので、移植した部位もDHTの影響を受けにくくなります。これは、医療用語で「ドナー・ドミナントの法則」と呼ばれています。理屈上では、ヘアサイクルを繰り返しながら生涯にわたって生え続けることになります。半年後には一度経過をみてもらう必要がありますが、それ以外のメンテナンスは必要がないので、最初の施術の時にしかコストはかかりません。育毛剤やAGA(男性型脱毛症)の治療薬を使ってみたけれども、効果が感じられない時には植毛が有効です。目安としては、頭頂部や前頭部の髪が薄くなってしまった、生えてこなくなった、程度の場合に有効とされています。ちなみに、人工毛を植える方法もありますが、こちらは拒絶反応が起こる危険性が高く、1年に1?2回メンテナンスが必要になります。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛経過報告|はじめての植毛を実況!植毛は◯◯だ。関連ページ