植毛の方法を解説!|やり方・料金などを徹底比較

植毛の方法を解説!|やり方・料金などを徹底比較

自毛植毛は、脱毛が進行している部分以外のところの健康な髪の毛から皮膚組織ごと髪の毛を採取して、それを脱毛が進んでいる部分に移植していくやり方です。自毛植毛には大きく分けて2つの種類があり、メスを使用して切開しながら移植していくFUT方法と、メスを使用しないで埋め込んでいくFUE法などがあります。FUT方法は、まず後頭部などの健康な部分の皮膚組織を帯状に切開して、その帯状の皮膚組織をいくつかの株に切り分けていきます。脱毛が進んでいる部分にメスで少し切り込みを入れたら、そこに先ほどの株を移植していきます。採取した部分の皮膚は上下をつなぎ合わせて縫合していきますが、傷跡が白く残ってしまうのが難点でもあります。それに対し、メスを使用しないFUE法は、まずはドナー採取する部分の髪の毛を刈り上げや坊主くらいの髪の長さに短くして、間引きしながら株を採取していき、薄毛を改善したい部分に穴を開けてその株を埋め込んでいく方法です。FUT法に比べて、傷跡が残りにくのですが、ドナー採取した部分の髪が生え揃うまで少し時間がかかるので、ヘアシートなどを作成してしばらく後頭部などを隠す必要があります。ヘアシートはクリニックにもよりますが5万円ほどかかるので、植毛の費用に加えてヘアシートの値段もかかってくるのがデメリットと言えます。それ以外に、FUT法をベースにしたボズレー式植毛というのもあります。ボズレー式は、脱毛状態に合わせて株を移植していくもので、メスで切開して帯状に株を切り分けるまではFUT法を同じですが、太い毛は頭頂部や後頭部などに部分に移植して、細い毛は生え際などのもともと毛が細い部分に移植することで自然に髪のグラデーションができるようにしていくやり方です。ボズレー式では、いかに植毛したことがわからないように自然に移植して行くかを最優先に考えた方法でもあります。そのボズレー式にもデメリットは存在し、他のFUT法やFUE法に比べてドナー採取する部分を多く必要とするので、あまり健康な髪が頭皮に残っていない脱毛症が重度の人には向かない方法でもあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、もう二度生えてくることはないと諦めていた場所にも、再度毛を生やすことができるので、育毛剤屋発毛剤でも効果のなかった人には非常におすすめですので、興味のある人は一度クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛の方法を解説!|やり方・料金などを徹底比較関連ページ