植毛|薄毛の改善に効果がある薬とは?

植毛|薄毛の改善に効果がある薬とは?

植毛治療では、薄毛になっている部分に新たな毛を移植することで、人工毛と自毛のどちらかを選ぶことになります。人工毛の場合は拒絶反応が懸念されているので、主に自毛を使った自毛植毛を行います。移植ではそれに使う髪の毛を毛根付近の組織を細胞ごと切り取らなければならず、その際に後頭部にライン状の傷ができます。皮膚を切開しない手術法もありますが、毛根を1つずつ採取するので、時間と技術が必要で費用が高くなります。体への負担が大きいので、第一の選択肢となるのは難しいです。手術を行う前には、フィナステリド製剤やミノキシジル製剤といったAGAの治療薬を服用するのを選ぶ人が多いです。これらの治療薬はAGA治療に関するガイドラインを決めている日本皮膚科学会で最高のAランクを獲得しています。Aランクは治療において最優先に選ぶのが望ましいということです。AGA治療薬は頭皮の切開が必要なく、効果が出るのであればわざわざ体に負担をかける手術は避けるというのが一般的な考え方です。しかし薬では全く効果が出ない人もいます。そのような人が薄毛を改善するには、植毛治療を選ぶのが妥当です。手術を行ってもすぐに髪の毛が増えるわけではありません。手術の影響で髪の毛が一時的に抜けるので、数ヶ月~1年でボリュームに満足できます。抜け毛の進行を抑制するのに、AGA治療薬は多いに役立ちます。特にフィナステリドはアメリカのFDAが認可しているので、効果と安全性が高いです。植え込むのは、後頭部や側頭部に生えている男性ホルモンの影響を受けにくい髪の毛です。しかしその周辺に生えている髪の毛は抜け毛が止まるわけではないので、フィナステリドで抜け毛を進行させる男性ホルモンの働きを抑制します。フィナステリドを服用していると、抜け毛が少なくなるだけでなく、移植した髪の毛と周囲と髪の毛で濃さや太さに違いが出なくなり、より自然な雰囲気です。実際に自毛植毛を扱っているルネッサンスクリニックでは、手術後にフィナステリドの商品名であるプロペシアやミノキシジルを処方するといったアフターケアを行っています。プロペシアは費用が高いので、手術に大金を使った人は利用しにくい場合があります。2015年4月からはプロペシアのジェネリックが利用でき、同じフィナステリドを主成分としているので、安い価格で入手できます。副作用は性欲減退などがありますが、発生する人は珍しいです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛|薄毛の改善に効果がある薬とは?関連ページ