植毛|毛根ごと移植する自毛植毛とは?

植毛|毛根ごと移植する自毛植毛とは?

植毛はこれまで人工的に作られた人工毛を植える形が主流とされていましたが、この方法には様々な問題点がありました。もちろんある程度誰にでも施術を行うことができ、多量の毛髪を植え付けることが出来るということは大きなメリットです。しかし同時に人工毛は定着しづらく一年間で半分が抜け落ちること、メンテナンスが必要不可欠であったことなどは無視できないデメリットでした。そういったデメリットを解決する新しい方法として現在注目を集めるようになっているのが「自毛植毛」と呼ばれる方法なのです。ではこの方法は人工毛を用いるものとどう違うのかというと、最も違うのは「自分の毛根を移植する」というところです。現在薄毛で悩む人の多くは前頭部、もしくは頭頂部の薄毛に悩まされることが殆どです。これは偶然でも何でもなく、最も大きな理由として「前頭部・頭頂部の毛髪は男性ホルモンの影響を受けやすい」ということが挙げられます。男性ホルモンが活発に働くことで前頭部から頭頂部にかけての毛髪が抜け落ちやすくなってしまい、それによって薄毛に繋がっていくわけです。ですが自毛植毛の場合は「側頭部・後頭部の毛根を薄毛部分に移植する」という形で施術が行われます。正確にいえば毛根ではなく毛包なのですが、この側頭部・後頭部の毛包は前頭部・頭頂部と比べると薄毛になりにくい性質を有しています。よって薄毛になってしまった人でもある程度の量が残っていることが多く、その残った毛根を採取して前頭部・頭頂部に移植してやることで薄毛を解決していくのです。ここで重要なのが側頭部・後頭部の毛包は男性ホルモンの影響を受けづらく薄毛になりやすいこと、つまり移植後に抜け落ちるリスクが本来の前頭部・頭頂部の毛髪よりも少ないことです。これによって自毛植毛によって移植された毛髪は、今後長くに渡って定着し、薄毛を改善して行けるということになります。また人工毛は人工のものであるため成長することがありませんでしたが、この方法であれば自分の毛根から生きた髪の毛が生えてくるわけですから、今後成長していくことになります。周りの毛髪と同じペースで伸びていけばそれだけ自然なヘアスタイルを作ることが出来るようになりますので、薄毛解決策として最高の結果を期待できるのです。自分の毛髪の位置を動かすだけですから安全性も非常に優れており、日本皮膚科学会の診療方針においても「推奨できる」を示すBランクを与えられています。費用面は残念ながらまだ高額ですが、薄毛治療においては最高の方法の一つであると断言できるでしょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛|毛根ごと移植する自毛植毛とは?関連ページ