植毛の種類|メリット・デメリットまとめ

植毛の種類|メリット・デメリットまとめ

植毛には、全国的のクリニックで二つの種類が用意されていますのでその内容を理解してから実際に手術を検討するように心がけましょう。まず、一つ目が人工毛植毛という手術です。この手術では、ポリエステルやナイロンなどで作られた人工毛を頭皮に対して植えていく手術のことを言います。人工毛の長さや量に関しては患者自身が自由に決めることが出来るようになっており、一回の手術で自身が思い描くヘアスタイルを決めることが出来るようになるメリットがあります。ただし、人工毛には頭皮に関連するトラブルが多いことがデメリットでもあります。なぜトラブルが起こるのかというと、頭皮に直接植え込んだ人工毛は、頭皮にとっては単なる異物にしか過ぎないからです。人間の身体は、異物が外部から入ってくるとそれと戦うための免疫細胞が活性化します。そのため、植えられた人工毛を外に追いやろうと働いてくるのです。そうなってしまうと、人工毛が途中で切れてしまって毛根だけが頭皮の中に残り、細菌感染を引き起こすなどのトラブルが生じるわけです。メンテナンスをしっかりとやっておけばこうしたトラブルを回避することが出来ますが、手術後の管理が大事であることをしっかりと理解しておきましょう。そして、もう一つの種類が自毛を利用した自毛植毛という手段で、自身の髪の毛を薄くなっている頭皮に移植している方法です。この方法は、特に男性ホルモンによって抜け毛が進行している人に良く使われています。男性ホルモンが原因で髪の毛が抜けているときには、一般的な育毛剤や発毛剤が髪の毛に対して良い効果を与えてくれません。男性ホルモンから生み出される抜け毛の作用が強すぎて、根本的な解決が出来ないわけです。自毛植毛では、こうした生まれついた薄毛の症状を治療するために行われる手段なので、実際に手術をすれば抜け毛に非常に強い髪の毛を作ることが可能になります。ただし、この手段は男性ホルモンによって抜け毛が進行している時に利用できる手段なので、他の病的な抜け毛の症状では利用できないこともあるということを理解しておきましょう。その代表的な症状が円形脱毛症で、円形脱毛症を発症させている人はなぜその症状になっているのかがわからないことが多いので安易に髪の毛を移植することは多くのクリニックで認められていません。このように、クリニックでは患者の頭皮の状態にあわせて二つの手段が用意されているのです。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

植毛の種類|メリット・デメリットまとめ関連ページ