若はげにも植毛は有効?薄毛対策の選び方ガイド

若はげにも植毛は有効?薄毛対策の選び方ガイド

薄毛が進行する年代というのは、30代以降の中高年に多いと思われがちですが、中には10代や20代の若い世代の間でも深刻な悩みの代表となってきています。いわゆる若はげというもので、10代20代の若年層で薄毛の進行が見られるという状態で、原因は様々考えられますが症状によって治療法や改善法も異なってきます。また、若はげを放置することで更に症状が悪化することも考えられますので、薄毛が気になったきたと思ったら直ちに行動に起こすことをおすすめします。若はげの治療は、主に皮膚科や毛髪専門クリニック、植毛クリニックなどで行われます。皮膚科では頭皮の皮膚の状態を確認し薬物による治療が主流ですが、原因がAGAなどの男性ホルモンの影響によるものである場合にはAGA治療専門クリニックで治療を行うのが良いとされます。毛髪専門クリニックは、薄毛の原因を検査し、それに合わせた治療を行っていきます。プロペシアやミノキシジルといった発毛剤や育毛メソセラピーなどの注入など、患者さんの症状に合わせた個人的な治療を行っていくのが主流です。植毛クリニックは、髪の移植を専門に行うクリニックです。一般的に主流なのは自分の健康な髪の毛を採取してそれを脱毛が進行している部位に移植していく自毛植毛です。年齢制限はないので、未成年であっても親の承諾が得られれば治療が可能です。ただ、手術を受ける人のほとんどは、発毛剤や育毛剤などほかの方法を試しても発毛効果がまったく得られなかった人であり、若はげの場合、薄毛の原因が男性ホルモンの影響でなかったりほかのことが原因で起こっていることもあるので一概に中年層と同じくすぐ受ければ改善できるというものでもありません。たとえば、精神的ストレスが原因で薄毛になっている場合には、そのストレスを解消することで改善することも考えられるので、移植手術をするまで重度ではないと考えられます。また、植毛は費用が高額になります。クリニックによっても異なりますが、生え際のみの比較的軽度の移植であっても65~70万ほどかかるので、その費用をどこから捻出するのかという問題も出ていきます。まずはこれらの医療機関で、薄毛の進行の原因を突き止めて、それに合わせた治療を行ってそれでも改善できない場合の最終手段として植毛を考えることをおすすめします。まずは事前にカウンセリングを受けて、自分の毛髪や薄毛に対する悩みを医師に相談した上で治療を行うようにしましょう。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

若はげにも植毛は有効?薄毛対策の選び方ガイド関連ページ